働く人の待遇改善もして欲しい

Posted by admin | 未分類 | 水曜日 6 2月 2013 3:27 PM

これから確実にニーズが高まっていく介護。転職して、介護関係の職業に就こうかなと思っている方もいるかと。ですが転職する前に、やっぱり気になることがありますよね。それは年収。介護に関係する仕事は、やりがいのある仕事ですが正直どのくらいもらえるのか気になるところ。なので、調べてみました。訪問介護ですと、だいたい年収が200万円から350万円あたりが平均です。でも、立場によってまちまちです。現場で介護をするだけなら、だいたい230万円前後ぐらいです。責任者、事務処理などもするようになると300万円ぐらいもらえます。ただ、300万円以上もらえるのはわずかな人達です。よく聞くホームヘルパー2級などですと、200万円ぐらいです。労働条件に対して、年収が低過ぎるなと感じるのが現実です。老人ホームなどの施設に勤めると、それこそ立場によって年収は変わってきます。とはいえ、施設に勤めたから介護関係の職業の待遇がものすごくよくなるわけではありません。よく、これからは介護の時代、将来安泰の職業なんて聞きますが、現場はかなり厳しいです。全体的に人手不足しているというのもあるのでしょうが、介護関係の職業の待遇に対して見直そうという動きがほぼないのもあると思います。特にホームヘルパーさん、実際に介護をしている方々に関してはそうです。国などが本腰入れて見直ししていかなければ、改善はしないと思います。これを読んで年収の低さや現状の厳しさに、介護関係の職業はちょっと・・・・・と思った方もいると思います。ですが、看護師や介護士は就職先には困らないのが事実です。その点においては、将来安泰です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

RSS feed. TrackBack URI

コメントをどうぞ